「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか 1/4

粥川準二AERA
国立成育医療研究センターの乾雅史さんの研究室ではマウス受精卵のDNAにわずかな編集をし、骨格などへの影響を検証している(撮影/粥川準二)

国立成育医療研究センターの乾雅史さんの研究室ではマウス受精卵のDNAにわずかな編集をし、骨格などへの影響を検証している(撮影/粥川準二)(16:00)AERA

記事に戻る