写真・図版 | 平成10年に予言小説『平成30年』を書いた堺屋太一 当たりすぎていて本人も驚いた内容とは?〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平成10年に予言小説『平成30年』を書いた堺屋太一 当たりすぎていて本人も驚いた内容とは? 

このエントリーをはてなブックマークに追加

堺屋太一さん

堺屋太一さん

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい