写真・図版 | iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由 

このエントリーをはてなブックマークに追加

「神戸アイセンター」には、病院施設のほか理化学研究所、細胞培養施設、ビジョンパークが入居し、連携している(撮影/直江泰治)

「神戸アイセンター」には、病院施設のほか理化学研究所、細胞培養施設、ビジョンパークが入居し、連携している(撮影/直江泰治)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい