なぜ政治家と旧統一教会は結びついたのか? 紀藤正樹弁護士と仲正昌樹教授が語る「切っても切れない関係」

  • ソウル近郊の加平郡で行われた旧統一教会の合同結婚式/2020年2月(ロイター/アフロ)

    ソウル近郊の加平郡で行われた旧統一教会の合同結婚式/2020年2月(ロイター/アフロ)

  • AERA 2022年9月4日号より

    AERA 2022年9月4日号より

  • 弁護士 紀藤正樹さん(左):1960年生まれ。全国霊感商法対策弁護士連絡会で、旧統一教会など宗教被害者の救済に取り組む。著書に『マインド・コントロール』など/金沢大学教授 仲正昌樹さん:1963年生まれ。専門は法哲学、政治思想史。旧統一教会の信者だった体験を書いた『統一教会と私』の著書もある

    弁護士 紀藤正樹さん(左):1960年生まれ。全国霊感商法対策弁護士連絡会で、旧統一教会など宗教被害者の救済に取り組む。著書に『マインド・コントロール』など/金沢大学教授 仲正昌樹さん:1963年生まれ。専門は法哲学、政治思想史。旧統一教会の信者だった体験を書いた『統一教会と私』の著書もある

  • 関連記事

    • 【前編】政治家の「旧統一教会との関係を見直す」という説明だけでは不十分な理由 紀藤正樹弁護士×仲正昌樹教授対談

      【前編】政治家の「旧統一教会との関係を見直す」という説明だけでは不十分な理由 紀藤正樹弁護士×仲正昌樹教授対談

    • 政治家の「旧統一教会との関係を見直す」という説明だけでは不十分な理由 紀藤正樹弁護士×仲正昌樹教授対談

      政治家の「旧統一教会との関係を見直す」という説明だけでは不十分な理由 紀藤正樹弁護士×仲正昌樹教授対談

    • 旧統一教会への追及、急先鋒だった「朝日ジャーナル」と「週刊文春」の報道とは?

      旧統一教会への追及、急先鋒だった「朝日ジャーナル」と「週刊文春」の報道とは?

    記事本文に戻る
ソウル近郊の加平郡で行われた旧統一教会の合同結婚式/2020年2月(ロイター/アフロ)
AERA 2022年9月4日号より
弁護士 紀藤正樹さん(左):1960年生まれ。全国霊感商法対策弁護士連絡会で、旧統一教会など宗教被害者の救済に取り組む。著書に『マインド・コントロール』など/金沢大学教授 仲正昌樹さん:1963年生まれ。専門は法哲学、政治思想史。旧統一教会の信者だった体験を書いた『統一教会と私』の著書もある
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 「国葬という形で霊界に旅立たれる」旧統一教会信者 反対の声多くても岸田首相は国葬を断行

    「国葬という形で霊界に旅立たれる」旧統一教会信者 反対の声多くても岸田首相は国葬を断行

    dot.

    9/28

     国会の「追及王」没後20年に思う 「『先生』がいたら旧統一教会の問題も起こらなかっただろう」 

    国会の「追及王」没後20年に思う 「『先生』がいたら旧統一教会の問題も起こらなかっただろう」 

    dot.

    10/27

  • 旧統一教会元信者の金沢大・仲正教授「霊感商法でたくさん売れる人、幹部に出世していく人は聞き上手だった」

    旧統一教会元信者の金沢大・仲正教授「霊感商法でたくさん売れる人、幹部に出世していく人は聞き上手だった」

    dot.

    7/18

    「空腹に耐えかねて土を掘って食べた」 旧統一教会「祝福2世」女性の苦悩

    「空腹に耐えかねて土を掘って食べた」 旧統一教会「祝福2世」女性の苦悩

    AERA

    10/26

  • 【後編】“統一教会2世”が明かす「自民党とのずぶずぶの関係」と「選挙動員」

    【後編】“統一教会2世”が明かす「自民党とのずぶずぶの関係」と「選挙動員」

    dot.

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す