ヨシタケシンスケの“頭のなかがのぞける展覧会” 大人も子どもも楽しめる仕掛け

  • 作品には、自筆で「付箋説明文」が付けられたものも。「こうやって、茶々を入れているんです」とヨシタケ。極細ペンで描かれたイラストは、指で隠れるほど小さく、絵本も原画を拡大してつくるという(撮影/写真映像部・加藤夏子)

    作品には、自筆で「付箋説明文」が付けられたものも。「こうやって、茶々を入れているんです」とヨシタケ。極細ペンで描かれたイラストは、指で隠れるほど小さく、絵本も原画を拡大してつくるという(撮影/写真映像部・加藤夏子)

  • 筑波大時代の立体造形作品が会場に並ぶ。写真は「ACcess100」。かぶると暗くて何も見えないが、頭から伸びる電源コードをコンセントに差し込めば、眼前が開いて視界が開ける(撮影/写真映像部・加藤夏子)

    筑波大時代の立体造形作品が会場に並ぶ。写真は「ACcess100」。かぶると暗くて何も見えないが、頭から伸びる電源コードをコンセントに差し込めば、眼前が開いて視界が開ける(撮影/写真映像部・加藤夏子)

  • 会場で度肝を抜くのは、ヨシタケの発想の源となった膨大なスケッチの複製画の壁面だ。彼がつねに持ち歩く小さな手帳には、はてしない妄想やアイデア、世界の見え方が詰まっている。彼いわく「いつでも手で隠せるように、小さく描く」。約13×8センチサイズの紙に描いた1万枚超のスケッチのうち、約2千枚を厳選(撮影/写真映像部・加藤夏子)

    会場で度肝を抜くのは、ヨシタケの発想の源となった膨大なスケッチの複製画の壁面だ。彼がつねに持ち歩く小さな手帳には、はてしない妄想やアイデア、世界の見え方が詰まっている。彼いわく「いつでも手で隠せるように、小さく描く」。約13×8センチサイズの紙に描いた1万枚超のスケッチのうち、約2千枚を厳選(撮影/写真映像部・加藤夏子)

  • 写真は「トイキ」。内蔵のファンが眼前の紙を揺らす(撮影/写真映像部・加藤夏子)

    写真は「トイキ」。内蔵のファンが眼前の紙を揺らす(撮影/写真映像部・加藤夏子)

  • 「3次元のヨシタケ遊園地」を今回実現したことで、自身の今後の創作にも良い意味でハレーションが起きそうだ。2人の息子は今、高1と小5。子育てのフェーズが変わってきたという。「僕自身も、どんどん目が悪くなっちゃった。誰しもが通る道、どうしようもなく訪れる変化を、その都度拾っていけたら」(ヨシタケ)(撮影/写真映像部・加藤夏子)

    「3次元のヨシタケ遊園地」を今回実現したことで、自身の今後の創作にも良い意味でハレーションが起きそうだ。2人の息子は今、高1と小5。子育てのフェーズが変わってきたという。「僕自身も、どんどん目が悪くなっちゃった。誰しもが通る道、どうしようもなく訪れる変化を、その都度拾っていけたら」(ヨシタケ)(撮影/写真映像部・加藤夏子)

  • 関連記事

    • このあと どうしちゃおう

      このあと どうしちゃおう

    • 山崎ナオコーラ×ヨシタケシンスケ 親になって感じた「大人ってすごい」

      山崎ナオコーラ×ヨシタケシンスケ 親になって感じた「大人ってすごい」

    • 大人もニヤニヤが止まらない! ヨシタケシンスケさんの絵本の世界

      大人もニヤニヤが止まらない! ヨシタケシンスケさんの絵本の世界

    記事本文に戻る
作品には、自筆で「付箋説明文」が付けられたものも。「こうやって、茶々を入れているんです」とヨシタケ。極細ペンで描かれたイラストは、指で隠れるほど小さく、絵本も原画を拡大してつくるという(撮影/写真映像部・加藤夏子)
筑波大時代の立体造形作品が会場に並ぶ。写真は「ACcess100」。かぶると暗くて何も見えないが、頭から伸びる電源コードをコンセントに差し込めば、眼前が開いて視界が開ける(撮影/写真映像部・加藤夏子)
会場で度肝を抜くのは、ヨシタケの発想の源となった膨大なスケッチの複製画の壁面だ。彼がつねに持ち歩く小さな手帳には、はてしない妄想やアイデア、世界の見え方が詰まっている。彼いわく「いつでも手で隠せるように、小さく描く」。約13×8センチサイズの紙に描いた1万枚超のスケッチのうち、約2千枚を厳選(撮影/写真映像部・加藤夏子)
写真は「トイキ」。内蔵のファンが眼前の紙を揺らす(撮影/写真映像部・加藤夏子)
「3次元のヨシタケ遊園地」を今回実現したことで、自身の今後の創作にも良い意味でハレーションが起きそうだ。2人の息子は今、高1と小5。子育てのフェーズが変わってきたという。「僕自身も、どんどん目が悪くなっちゃった。誰しもが通る道、どうしようもなく訪れる変化を、その都度拾っていけたら」(ヨシタケ)(撮影/写真映像部・加藤夏子)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 「子どもの興味」どう見つけて伸ばす? 絵本作家・ヨシタケシンスケ×法学者・木村草太

    「子どもの興味」どう見つけて伸ばす? 絵本作家・ヨシタケシンスケ×法学者・木村草太

    週刊朝日

    6/13

    絵本には欠かせない「笑顔」 ヨシタケシンスケはどうして描かない?

    絵本には欠かせない「笑顔」 ヨシタケシンスケはどうして描かない?

    AERA

    4/13

  • “令和の絵本”は恋にLGBT、マネーも! 背景にあるのは?

    “令和の絵本”は恋にLGBT、マネーも! 背景にあるのは?

    週刊朝日

    6/12

    なぜ子どもに「親の失敗談」を伝えるのか? ヨシタケシンスケ×木村草太

    なぜ子どもに「親の失敗談」を伝えるのか? ヨシタケシンスケ×木村草太

    週刊朝日

    6/14

  • 子どもに「旅行は我慢」でなく「行きたかったよね」 「大人が本音を見せる大切さ」絵本作家・ヨシタケシンスケが語る

    子どもに「旅行は我慢」でなく「行きたかったよね」 「大人が本音を見せる大切さ」絵本作家・ヨシタケシンスケが語る

    AERA

    9/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す