直木賞作家・今村翔吾が泣きそうになった教え子ギャルの言葉

  • いまむら・しょうご 1984年、京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、守山市埋蔵文化財調査員を経て2017年、『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』で作家デビュー。20年、『八本目の槍(やり)』で吉川英治文学新人賞、『じんかん』で山田風太郎賞、21年「羽州ぼろ鳶組」シリーズで吉川英治文庫賞など受賞多数。18年と20年に直木賞候補になり、22年『塞王の楯』で第166回直木賞を受賞。現在、報道番組「Nスタ」(TBS系)にレギュラーコメンテーターとして出演中。 撮影:高野楓菜(写真映像部)

    いまむら・しょうご 1984年、京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、守山市埋蔵文化財調査員を経て2017年、『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』で作家デビュー。20年、『八本目の槍(やり)』で吉川英治文学新人賞、『じんかん』で山田風太郎賞、21年「羽州ぼろ鳶組」シリーズで吉川英治文庫賞など受賞多数。18年と20年に直木賞候補になり、22年『塞王の楯』で第166回直木賞を受賞。現在、報道番組「Nスタ」(TBS系)にレギュラーコメンテーターとして出演中。 撮影:高野楓菜(写真映像部)

  • 今村翔吾さん(左)と林真理子さん 撮影:高野楓菜(写真映像部)

    今村翔吾さん(左)と林真理子さん 撮影:高野楓菜(写真映像部)

  • 関連記事

    • 真田幸村の秘められた物語 家康や信長の家からは感じられない真田家の「家族っぽさ」

      真田幸村の秘められた物語 家康や信長の家からは感じられない真田家の「家族っぽさ」

    • 今村翔吾、女優との結婚に憧れ「有村架純さんを誘おうかなと思った」

      今村翔吾、女優との結婚に憧れ「有村架純さんを誘おうかなと思った」

    • 市村正親の体形維持の秘訣「マグマヨガ」とは?

      市村正親の体形維持の秘訣「マグマヨガ」とは?

    写真の記事を読む
いまむら・しょうご 1984年、京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、守山市埋蔵文化財調査員を経て2017年、『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』で作家デビュー。20年、『八本目の槍(やり)』で吉川英治文学新人賞、『じんかん』で山田風太郎賞、21年「羽州ぼろ鳶組」シリーズで吉川英治文庫賞など受賞多数。18年と20年に直木賞候補になり、22年『塞王の楯』で第166回直木賞を受賞。現在、報道番組「Nスタ」(TBS系)にレギュラーコメンテーターとして出演中。 撮影:高野楓菜(写真映像部)
今村翔吾さん(左)と林真理子さん 撮影:高野楓菜(写真映像部)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 結婚して幸せな女性作家はいいものが書けない? 辻村深月「最初は怖かった」

    結婚して幸せな女性作家はいいものが書けない? 辻村深月「最初は怖かった」

    週刊朝日

    7/1

    道行く人にも自慢…沢村一樹を俳優にした母がスゴイ

    道行く人にも自慢…沢村一樹を俳優にした母がスゴイ

    週刊朝日

    11/4

  • 加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    週刊朝日

    6/19

    お笑い界は「上がまだ元気」 内村光良でも「いつ売れなくなるかコワい」

    お笑い界は「上がまだ元気」 内村光良でも「いつ売れなくなるかコワい」

    週刊朝日

    10/31

  • 有村架純 ギャルの演技に悩み撮影前日に泣いていた

    有村架純 ギャルの演技に悩み撮影前日に泣いていた

    週刊朝日

    1/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す