日本で上がる「ウクライナは白旗あげたらいい」の声に戦場ジャーナリストが現地から激怒した理由

  • 街では市民が抵抗に備え、火炎瓶を作っている。ラベルには、プーチン氏の顔写真とともに「間抜けなプーチン」の文字も(撮影/佐藤和孝)

    街では市民が抵抗に備え、火炎瓶を作っている。ラベルには、プーチン氏の顔写真とともに「間抜けなプーチン」の文字も(撮影/佐藤和孝)

  • 兵士が怪我をしたときや命を落としたとき、身元確認のために使われるドッグタグ。だが、名前は刻まれずに、ナンバーだけが振られている(撮影/佐藤和孝)

    兵士が怪我をしたときや命を落としたとき、身元確認のために使われるドッグタグ。だが、名前は刻まれずに、ナンバーだけが振られている(撮影/佐藤和孝)

  • ジャーナリストの佐藤和孝さん(撮影/福井しほ)

    ジャーナリストの佐藤和孝さん(撮影/福井しほ)

  • 街では市民が抵抗に備え、火炎瓶を作っている。ラベルには、プーチン氏の顔写真とともに「Putin Huilo(間抜けなプーチン)」の文字も(撮影/佐藤和孝)

    街では市民が抵抗に備え、火炎瓶を作っている。ラベルには、プーチン氏の顔写真とともに「Putin Huilo(間抜けなプーチン)」の文字も(撮影/佐藤和孝)

  • 平穏に見えるリビウでは、市民が戦車や装甲車が街に侵入しないためのバリケードを作っている(撮影/佐藤和孝)

    平穏に見えるリビウでは、市民が戦車や装甲車が街に侵入しないためのバリケードを作っている(撮影/佐藤和孝)

  • ユネスコの世界遺産にも登録されるなど、歴史の深いリビウ。モニュメントを守るために覆いをかけている(撮影/佐藤和孝)

    ユネスコの世界遺産にも登録されるなど、歴史の深いリビウ。モニュメントを守るために覆いをかけている(撮影/佐藤和孝)

  • ポーランド国境付近で待機するウクライナ難民。女性と子どもばかりで、男性の姿はほとんどない。戦火を逃れようと、連日多くの避難民がリビウに集まっている(撮影/佐藤和孝)

    ポーランド国境付近で待機するウクライナ難民。女性と子どもばかりで、男性の姿はほとんどない。戦火を逃れようと、連日多くの避難民がリビウに集まっている(撮影/佐藤和孝)

  • 関連記事

    写真の記事を読む
街では市民が抵抗に備え、火炎瓶を作っている。ラベルには、プーチン氏の顔写真とともに「間抜けなプーチン」の文字も(撮影/佐藤和孝)
兵士が怪我をしたときや命を落としたとき、身元確認のために使われるドッグタグ。だが、名前は刻まれずに、ナンバーだけが振られている(撮影/佐藤和孝)
ジャーナリストの佐藤和孝さん(撮影/福井しほ)
街では市民が抵抗に備え、火炎瓶を作っている。ラベルには、プーチン氏の顔写真とともに「Putin Huilo(間抜けなプーチン)」の文字も(撮影/佐藤和孝)
平穏に見えるリビウでは、市民が戦車や装甲車が街に侵入しないためのバリケードを作っている(撮影/佐藤和孝)
ユネスコの世界遺産にも登録されるなど、歴史の深いリビウ。モニュメントを守るために覆いをかけている(撮影/佐藤和孝)
ポーランド国境付近で待機するウクライナ難民。女性と子どもばかりで、男性の姿はほとんどない。戦火を逃れようと、連日多くの避難民がリビウに集まっている(撮影/佐藤和孝)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 池上彰、ロシアの暴挙に「世界は変わってしまった」 もっと国際社会が毅然とした態度を取るべきだったと後悔の念

    池上彰、ロシアの暴挙に「世界は変わってしまった」 もっと国際社会が毅然とした態度を取るべきだったと後悔の念

    AERA

    3/9

    ウクライナの隣国“ポーランド”が「攻め込まれやすい国」である理由

    ウクライナの隣国“ポーランド”が「攻め込まれやすい国」である理由

    ダイヤモンド・オンライン

    3/23

  • プーチンは大阪の地下鉄を使っていた? 無名時代の“暴君”が日本で見せていた素顔 

    プーチンは大阪の地下鉄を使っていた? 無名時代の“暴君”が日本で見せていた素顔 

    dot.

    3/23

    ウクライナの「アフガン化」揃いつつある条件 専門家が懸念する厭戦ロシア軍にシリア兵の影響

    ウクライナの「アフガン化」揃いつつある条件 専門家が懸念する厭戦ロシア軍にシリア兵の影響

    dot.

    3/19

  • ロシア軍が東部に攻勢をかけても「5月9日までに望む戦果は得られない」 元ウクライナ大使がそう語る理由

    ロシア軍が東部に攻勢をかけても「5月9日までに望む戦果は得られない」 元ウクライナ大使がそう語る理由

    AERA

    4/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す