房総半島沖に「巨大地震の未知の震源」を発見 大津波が発生した痕跡も

  • (週刊朝日2022年2月4日号より)

    (週刊朝日2022年2月4日号より)

  • 2011年の東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた福島県浪江町。防護服を着た警察官らによる捜索が続いていた=同年4月25日

    2011年の東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた福島県浪江町。防護服を着た警察官らによる捜索が続いていた=同年4月25日

  • 東京電力が公開した、津波に襲われる福島第一原発

    東京電力が公開した、津波に襲われる福島第一原発

  • (週刊朝日2022年2月4日号より)

    (週刊朝日2022年2月4日号より)

  • 関連記事

    • 首都圏でM7クラスの地震発生確率「30年間で70%」 死者2万3千人!?

      首都圏でM7クラスの地震発生確率「30年間で70%」 死者2万3千人!?

    • 首都圏でM7クラスの地震発生確率「30年間で70%」 死者2万3千人!?

      首都圏でM7クラスの地震発生確率「30年間で70%」 死者2万3千人!?

    • スーパーサイクルの超巨大地震が切迫する千島海溝 「死者8割減」対策が急務の理由

      スーパーサイクルの超巨大地震が切迫する千島海溝 「死者8割減」対策が急務の理由

    写真の記事を読む
(週刊朝日2022年2月4日号より)
2011年の東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた福島県浪江町。防護服を着た警察官らによる捜索が続いていた=同年4月25日
東京電力が公開した、津波に襲われる福島第一原発
(週刊朝日2022年2月4日号より)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 地震学者 「巨大活断層」発見に「国民の不安をあおるだけでは?」と反論

    地震学者 「巨大活断層」発見に「国民の不安をあおるだけでは?」と反論

    週刊朝日

    4/5

    地震の活動期に入った日本 2018年に危ないのはどこか?

    地震の活動期に入った日本 2018年に危ないのはどこか?

    dot.

    1/2

  • 地震学の権威が警告していた、首都圏直下大地震の戦慄

    地震学の権威が警告していた、首都圏直下大地震の戦慄

    週刊朝日

    4/25

    専門家が指摘「スーパー南海地震」 茨城から沖縄、フィリピンを襲う想定被害規模とは?

    専門家が指摘「スーパー南海地震」 茨城から沖縄、フィリピンを襲う想定被害規模とは?

    AERA

    7/13

  • 2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    dot.

    1/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す