「政府はワクチン・治療薬の確保に目途たたず」内部資料入手 オミクロン感染爆発で医療ひっ迫懸念

岸田文雄首相
「警戒」の文字が表示される中、JR大阪駅前を通行する人たち
堀内詔子ワクチン担当相
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 【独自】岸田首相「接種前倒し」表明もファイザー製ワクチン追加確保「目途なし」と内部資料

    【独自】岸田首相「接種前倒し」表明もファイザー製ワクチン追加確保「目途なし」と内部資料

    dot.

    12/14

    解明が進むオミクロン株 感染力、重症度は?ワクチン効果は?女医が解説
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    解明が進むオミクロン株 感染力、重症度は?ワクチン効果は?女医が解説

    dot.

    12/15

  • オミクロン株で既存薬の効果低下 入院リスク3分の1でも医療の負担減にならない理由

    オミクロン株で既存薬の効果低下 入院リスク3分の1でも医療の負担減にならない理由

    AERA

    1/12

    ワクチン接種7カ月で抗体は13分の1 高齢者は重症化を防ぐ効果の低下も懸念

    ワクチン接種7カ月で抗体は13分の1 高齢者は重症化を防ぐ効果の低下も懸念

    AERA

    12/14

  • 【独自】ワクチン接種実績は予定のわずか12% オミクロンで症状が変化、「認知障害」の懸念

    【独自】ワクチン接種実績は予定のわずか12% オミクロンで症状が変化、「認知障害」の懸念

    dot.

    1/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す