瀬戸内寂聴 横尾忠則の個展で上京へ「何もかも、最期になる」

  • 瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。著書多数。2006年文化勲章。17年度朝日賞。単行本「往復書簡 老親友のナイショ文」(朝日新聞出版、税込み1760円)が発売中。

    瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。著書多数。2006年文化勲章。17年度朝日賞。単行本「往復書簡 老親友のナイショ文」(朝日新聞出版、税込み1760円)が発売中。

  • 横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。20年東京都名誉都民顕彰。(写真=横尾忠則さん提供)

    横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。20年東京都名誉都民顕彰。(写真=横尾忠則さん提供)

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。著書多数。2006年文化勲章。17年度朝日賞。単行本「往復書簡 老親友のナイショ文」(朝日新聞出版、税込み1760円)が発売中。
横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。20年東京都名誉都民顕彰。(写真=横尾忠則さん提供)

あわせて読みたい

  • 瀬戸内寂聴「もう生きているのが厭」それでも食欲は衰えず

    瀬戸内寂聴「もう生きているのが厭」それでも食欲は衰えず

    週刊朝日

    5/4

    瀬戸内寂聴「情けなくてなりません」 “横尾忠則展”に行けず切ない気持ちに

    瀬戸内寂聴「情けなくてなりません」 “横尾忠則展”に行けず切ない気持ちに

    週刊朝日

    9/23

  • 瀬戸内寂聴「私が死んだら、この日記が…」 横尾忠則の著作を絶賛する理由

    瀬戸内寂聴「私が死んだら、この日記が…」 横尾忠則の著作を絶賛する理由

    週刊朝日

    10/13

    瀬戸内寂聴「人間は本来、性格は陽気に生まれついている」

    瀬戸内寂聴「人間は本来、性格は陽気に生まれついている」

    週刊朝日

    7/2

  • 瀬戸内寂聴より仏教の話好き? 横尾忠則の「駅伝輪廻転生説」とは

    瀬戸内寂聴より仏教の話好き? 横尾忠則の「駅伝輪廻転生説」とは

    週刊朝日

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す