瀬戸内寂聴 「ノーベル賞を取るように!」と愛する“子ども”に願う

  • 瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。著書多数。2006年文化勲章。17年度朝日賞。単行本「往復書簡 老親友のナイショ文」(朝日新聞出版、税込み1760円)が発売中。

    瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。著書多数。2006年文化勲章。17年度朝日賞。単行本「往復書簡 老親友のナイショ文」(朝日新聞出版、税込み1760円)が発売中。

  • 横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。20年東京都名誉都民顕彰。(写真=横尾忠則さん提供)

    横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。20年東京都名誉都民顕彰。(写真=横尾忠則さん提供)

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。著書多数。2006年文化勲章。17年度朝日賞。単行本「往復書簡 老親友のナイショ文」(朝日新聞出版、税込み1760円)が発売中。
横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。20年東京都名誉都民顕彰。(写真=横尾忠則さん提供)

あわせて読みたい

  • 瀬戸内寂聴、98歳「願わくは、死ぬ瞬間まで意識がはっきりして…」

    瀬戸内寂聴、98歳「願わくは、死ぬ瞬間まで意識がはっきりして…」

    週刊朝日

    6/9

    瀬戸内寂聴「困っているのは、死にたいのに死にそうにないこと」

    瀬戸内寂聴「困っているのは、死にたいのに死にそうにないこと」

    週刊朝日

    12/15

  • 瀬戸内寂聴 不倫相手の死に際に駆け付けるも…待ち受けていた現実

    瀬戸内寂聴 不倫相手の死に際に駆け付けるも…待ち受けていた現実

    週刊朝日

    5/17

    瀬戸内寂聴、98歳にして油絵に挑戦 横尾忠則が“達人的”というその出来とは

    瀬戸内寂聴、98歳にして油絵に挑戦 横尾忠則が“達人的”というその出来とは

    週刊朝日

    9/12

  • 数え99歳になった瀬戸内寂聴「長生きも、ほどほどがいい」

    数え99歳になった瀬戸内寂聴「長生きも、ほどほどがいい」

    週刊朝日

    6/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す