コンプレックスを武器に、建築の常識を変える 建築家・起業家 谷尻誠<現代の肖像>

  • 建築家・起業家 谷尻誠/建築誌で大きく紹介された2020年完成の自宅のリビングで。こだわりが詰まった家だ(撮影/今村拓馬)

    建築家・起業家 谷尻誠/建築誌で大きく紹介された2020年完成の自宅のリビングで。こだわりが詰まった家だ(撮影/今村拓馬)

  • 建築のアイデアは、意外にも言葉から作るという。「矛盾している言葉を作ることが多いですね。懐かしい未来、とか」。スタッフとミーティングを重ね、アイデアをブラッシュアップしていく(撮影/今村拓馬)

    建築のアイデアは、意外にも言葉から作るという。「矛盾している言葉を作ることが多いですね。懐かしい未来、とか」。スタッフとミーティングを重ね、アイデアをブラッシュアップしていく(撮影/今村拓馬)

  • 関連記事

    • 会社員もこぞって使うコワーキングスペース その魅力

      会社員もこぞって使うコワーキングスペース その魅力

    • オリンピックを前に東京の景観が激変!? きっかけは「東京駅舎と丸の内再開発」

      オリンピックを前に東京の景観が激変!? きっかけは「東京駅舎と丸の内再開発」

    • 東京の風景が変わる?着工中や建設予定の高層ビルについて調べてみた

      東京の風景が変わる?着工中や建設予定の高層ビルについて調べてみた

    写真の記事を読む
建築家・起業家 谷尻誠/建築誌で大きく紹介された2020年完成の自宅のリビングで。こだわりが詰まった家だ(撮影/今村拓馬)
建築のアイデアは、意外にも言葉から作るという。「矛盾している言葉を作ることが多いですね。懐かしい未来、とか」。スタッフとミーティングを重ね、アイデアをブラッシュアップしていく(撮影/今村拓馬)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 超特急、細田守監督へ猛烈アピール&好きな歴代ヒロインも明かす

    超特急、細田守監督へ猛烈アピール&好きな歴代ヒロインも明かす

    Billboard JAPAN

    7/24

    国立競技場の設計に携わった隈研吾が「東京の顔」として選んだ墨田区の意外な施設

    国立競技場の設計に携わった隈研吾が「東京の顔」として選んだ墨田区の意外な施設

    AERA

    1/20

  • 日本人は建築の才能あり? 安藤忠雄がその理由を語る

    日本人は建築の才能あり? 安藤忠雄がその理由を語る

    週刊朝日

    12/16

    「戦前」の風景が激変 日本人をワクワクさせた東京五輪の功績

    「戦前」の風景が激変 日本人をワクワクさせた東京五輪の功績

    週刊朝日

    10/7

  • 台風19号 周囲が把握しづらい夜間に 首都 東京へ

    台風19号 周囲が把握しづらい夜間に 首都 東京へ

    tenki.jp

    10/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す