「大迫超え」の万能型、走り高跳び2強に風穴、体操で年齢制限クリア… 五輪延期で輝く「超新星」

  • 三浦龍司選手(みうら・りゅうじ、18)/2002年2月11日生まれ。島根県浜田市出身。洛南高校(京都)を経て20年に順天堂大学に入学。20年7月には男子3000メートル障害で日本歴代2位の8分19秒37をマーク=写真。全日本大学駅伝、箱根駅伝で1区を走った (c)朝日新聞社

    三浦龍司選手(みうら・りゅうじ、18)/2002年2月11日生まれ。島根県浜田市出身。洛南高校(京都)を経て20年に順天堂大学に入学。20年7月には男子3000メートル障害で日本歴代2位の8分19秒37をマーク=写真。全日本大学駅伝、箱根駅伝で1区を走った (c)朝日新聞社

  • 真野友博(しんの・ともひろ、24)/1996年8月17日生まれ。広島市出身。中学1年で陸上を始める。広島・山陽高では2、3年時に全国総体出場。福岡大学を経て2019年に九電工入社 (c)朝日新聞社

    真野友博(しんの・ともひろ、24)/1996年8月17日生まれ。広島市出身。中学1年で陸上を始める。広島・山陽高では2、3年時に全国総体出場。福岡大学を経て2019年に九電工入社 (c)朝日新聞社

  • 相馬生(そうま・うい、15)/2005年2月28日、東京都出身。1歳で渡米し、6歳で体操を始めた。昨年夏に帰国し、日本を拠点に練習を続け、12月の全日本選手権では初出場で個人総合3位に輝いた (c)朝日新聞社

    相馬生(そうま・うい、15)/2005年2月28日、東京都出身。1歳で渡米し、6歳で体操を始めた。昨年夏に帰国し、日本を拠点に練習を続け、12月の全日本選手権では初出場で個人総合3位に輝いた (c)朝日新聞社

三浦龍司選手(みうら・りゅうじ、18)/2002年2月11日生まれ。島根県浜田市出身。洛南高校(京都)を経て20年に順天堂大学に入学。20年7月には男子3000メートル障害で日本歴代2位の8分19秒37をマーク=写真。全日本大学駅伝、箱根駅伝で1区を走った (c)朝日新聞社
真野友博(しんの・ともひろ、24)/1996年8月17日生まれ。広島市出身。中学1年で陸上を始める。広島・山陽高では2、3年時に全国総体出場。福岡大学を経て2019年に九電工入社 (c)朝日新聞社
相馬生(そうま・うい、15)/2005年2月28日、東京都出身。1歳で渡米し、6歳で体操を始めた。昨年夏に帰国し、日本を拠点に練習を続け、12月の全日本選手権では初出場で個人総合3位に輝いた (c)朝日新聞社

あわせて読みたい

  • 次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    dot.

    6/23

    箱根駅伝のキーワードは「東京五輪」 東海大、青山学院大、東洋大、駒大、国学院大の5強が争う

    箱根駅伝のキーワードは「東京五輪」 東海大、青山学院大、東洋大、駒大、国学院大の5強が争う

    週刊朝日

    1/2

  • 「金メダルも狙えるようになった」競泳の“超新星”佐藤翔馬 五輪延期が追い風に

    「金メダルも狙えるようになった」競泳の“超新星”佐藤翔馬 五輪延期が追い風に

    AERA

    1/25

    男子50キロ競歩、荒井広宙が五輪有力に

    男子50キロ競歩、荒井広宙が五輪有力に

    dot.

    4/17

  • 箱根駅伝で注目の新興勢力 「オリジナル4」や「層が厚い」意外な大学も

    箱根駅伝で注目の新興勢力 「オリジナル4」や「層が厚い」意外な大学も

    AERA

    1/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す