写真・図版 | 東北舞台の芥川賞受賞作が映画化 若竹千佐子と宮藤官九郎が思う「東北弁の深い魅力」とは?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北舞台の芥川賞受賞作が映画化 若竹千佐子と宮藤官九郎が思う「東北弁の深い魅力」とは? 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子AERA

夫のお墓参りに行く桃子さん(田中裕子)の背中を「寂しさ1、2、3」らが押していく。映画「おらおらでひとりいぐも」は11月6日公開 (c)2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

夫のお墓参りに行く桃子さん(田中裕子)の背中を「寂しさ1、2、3」らが押していく。映画「おらおらでひとりいぐも」は11月6日公開 (c)2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい