写真・図版 | 動物を殺さず作る「培養ステーキ肉」、環境保護と食糧危機に備えた東大と日清の共同研究が世界の先頭を走る〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

動物を殺さず作る「培養ステーキ肉」、環境保護と食糧危機に備えた東大と日清の共同研究が世界の先頭を走る 2/4

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪AERA

一部のカップヌードルに入っているダイスミンチ、いわゆる「謎肉」には肉と大豆、野菜が使われ、「家畜に頼らない肉・レベル1」の応用型だ(撮影/編集部・上栗崇)

一部のカップヌードルに入っているダイスミンチ、いわゆる「謎肉」には肉と大豆、野菜が使われ、「家畜に頼らない肉・レベル1」の応用型だ(撮影/編集部・上栗崇)

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい