写真・図版 | 江戸時代に大流行した感染症 「疱瘡」「麻疹」「虎列刺」は何と読む?〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

江戸時代に大流行した感染症 「疱瘡」「麻疹」「虎列刺」は何と読む? 3/4

このエントリーをはてなブックマークに追加
「みんなの漢字」編集部dot.#新型コロナウイルス#病気

麻疹を麻疹神として擬人化し、これを退治するさまを描いた麻疹絵の「痲疹退治」。中央の薬袋は、麻疹の流行で儲かった医者や薬屋を表し、麻疹神を守ろうとしています。イラストに添え、麻疹にかかった際に摂取すべき食べ物などが記載されています(都立中央図書館特別文庫室所蔵)

麻疹を麻疹神として擬人化し、これを退治するさまを描いた麻疹絵の「痲疹退治」。中央の薬袋は、麻疹の流行で儲かった医者や薬屋を表し、麻疹神を守ろうとしています。イラストに添え、麻疹にかかった際に摂取すべき食べ物などが記載されています(都立中央図書館特別文庫室所蔵)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい