休眠預金1.7億円を若者の就労支援に 手法は「キャッシュフォーワーク」

  • 関西大学の永松伸吾教授。公共政策、地域経済復興が専門。著書に『キャッシュ・フォー・ワークーー震災復興の新しいしくみ』(岩波ブックレット)など。(写真提供:永松伸吾)

    関西大学の永松伸吾教授。公共政策、地域経済復興が専門。著書に『キャッシュ・フォー・ワークーー震災復興の新しいしくみ』(岩波ブックレット)など。(写真提供:永松伸吾)

  • 東日本大震災後。被災者の雇用創出団体・気仙沼復興協会のメンバーと議論(2012年) (写真提供:永松伸吾)

    東日本大震災後。被災者の雇用創出団体・気仙沼復興協会のメンバーと議論(2012年) (写真提供:永松伸吾)

  • 東日本大震災後。宮城県多賀城市の仮設住宅支援員へのインタビュー(2013年) (写真提供:永松伸吾)

    東日本大震災後。宮城県多賀城市の仮設住宅支援員へのインタビュー(2013年) (写真提供:永松伸吾)

  • 一般社団法人リープ共創基金 代表理事 加藤徹生さん。東日本大震災では多くの起業家の支援を行った。(撮影:松村隆史)

    一般社団法人リープ共創基金 代表理事 加藤徹生さん。東日本大震災では多くの起業家の支援を行った。(撮影:松村隆史)

  • 関連記事

    • 3.11から10年……地震の怖さを忘れないためにも知ってほしい災害時の保障と支援

      3.11から10年……地震の怖さを忘れないためにも知ってほしい災害時の保障と支援

    • 年間1200億円? 高齢者社会に眠るお宝「休眠預金、保険」の使い道

      年間1200億円? 高齢者社会に眠るお宝「休眠預金、保険」の使い道

    • 被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

      被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    記事本文に戻る
関西大学の永松伸吾教授。公共政策、地域経済復興が専門。著書に『キャッシュ・フォー・ワークーー震災復興の新しいしくみ』(岩波ブックレット)など。(写真提供:永松伸吾)
東日本大震災後。被災者の雇用創出団体・気仙沼復興協会のメンバーと議論(2012年) (写真提供:永松伸吾)
東日本大震災後。宮城県多賀城市の仮設住宅支援員へのインタビュー(2013年) (写真提供:永松伸吾)
一般社団法人リープ共創基金 代表理事 加藤徹生さん。東日本大震災では多くの起業家の支援を行った。(撮影:松村隆史)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 熊本地震2カ月、被災者に劣らず支援が必要な人が

    熊本地震2カ月、被災者に劣らず支援が必要な人が

    AERA

    6/15

    3.11から9カ月「震災と宗教」

    3.11から9カ月「震災と宗教」

    週刊朝日

    12/27

  • 「孤独死が止まらない」復興住宅なのに高まるリスク

    「孤独死が止まらない」復興住宅なのに高まるリスク

    週刊朝日

    3/10

    デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

    デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

    週刊朝日

    3/10

  • 僕を見出したのはアルバイト先の店主 障害者支援で注目の社会起業家

    僕を見出したのはアルバイト先の店主 障害者支援で注目の社会起業家

    AERA

    2/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す