「東京のコロナを記憶する」 初沢亜利×平野啓一郎がレンズを通して見た風景

  • 3月29日:上野恩賜公園/無人の桜並木を撮ろうと、多くのアマチュア、報道のカメラマンが集まっていた。1時間半粘り、彼らがいなくなった一瞬を待って、シャッターを押した(撮影/初沢亜利)

    3月29日:上野恩賜公園/無人の桜並木を撮ろうと、多くのアマチュア、報道のカメラマンが集まっていた。1時間半粘り、彼らがいなくなった一瞬を待って、シャッターを押した(撮影/初沢亜利)

  • 小説家 平野啓一郎さん(45、左):1975年生まれ。99年に『日蝕』で芥川賞。著書に『決壊』『マチネの終わりに』『ある男』など/写真家 初沢亜利さん(47):1973年生まれ。東川賞新人作家賞など受賞多数。写真集に『沖縄のことを教えてください』など[写真/瀧本幹也(平野さん)、横関一浩(初沢さん)]

    小説家 平野啓一郎さん(45、左):1975年生まれ。99年に『日蝕』で芥川賞。著書に『決壊』『マチネの終わりに』『ある男』など/写真家 初沢亜利さん(47):1973年生まれ。東川賞新人作家賞など受賞多数。写真集に『沖縄のことを教えてください』など[写真/瀧本幹也(平野さん)、横関一浩(初沢さん)]

3月29日:上野恩賜公園/無人の桜並木を撮ろうと、多くのアマチュア、報道のカメラマンが集まっていた。1時間半粘り、彼らがいなくなった一瞬を待って、シャッターを押した(撮影/初沢亜利)
小説家 平野啓一郎さん(45、左):1975年生まれ。99年に『日蝕』で芥川賞。著書に『決壊』『マチネの終わりに』『ある男』など/写真家 初沢亜利さん(47):1973年生まれ。東川賞新人作家賞など受賞多数。写真集に『沖縄のことを教えてください』など[写真/瀧本幹也(平野さん)、横関一浩(初沢さん)]

あわせて読みたい

  • 【写真特集】東京のコロナを記憶する

    【写真特集】東京のコロナを記憶する

    9/4

    コロナ後遺症「再生早いはずなのに」 嗅覚障害・味覚障害のメカニズムのなぞ

    コロナ後遺症「再生早いはずなのに」 嗅覚障害・味覚障害のメカニズムのなぞ

    AERA

    9/3

  • 岩田健太郎「世界を知らない」という自覚が感染症のプロを生んだ<現代の肖像>

    岩田健太郎「世界を知らない」という自覚が感染症のプロを生んだ<現代の肖像>

    AERA

    9/2

    「コロナ禍でこの国の全体主義感がまる出しになった」 写真家・初沢亜利の視点

    「コロナ禍でこの国の全体主義感がまる出しになった」 写真家・初沢亜利の視点

    dot.

    12/30

  • 写真で向き合う沖縄のこと。初沢亜利が写真集『沖縄のことを教えてください』を語る(その1)

    写真で向き合う沖縄のこと。初沢亜利が写真集『沖縄のことを教えてください』を語る(その1)

    アサヒカメラ

    8/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す