写真・図版 | 給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい? 

川口穣AERA#新型コロナウイルス

クラウドファンディングによる「山小屋エイド基金」や子どもたちが寄付先を決める「ラーニング・バイ・ギビング」プロジェクトなど、新しい寄付の形が生まれている。近所のなじみの店を支援し、これまでの日常を取り戻したいという人たちも多い(撮影/片山菜緒子)

クラウドファンディングによる「山小屋エイド基金」や子どもたちが寄付先を決める「ラーニング・バイ・ギビング」プロジェクトなど、新しい寄付の形が生まれている。近所のなじみの店を支援し、これまでの日常を取り戻したいという人たちも多い(撮影/片山菜緒子)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい