北九州市の感染確認数増加“市ならでは”の事情 他地域が教訓にできることも

  • AERA 2020年6月15日号より

    AERA 2020年6月15日号より

  • 会見する北九州市の北橋健治市長。「第2波」との闘いについて「短期決戦で決着をつけたい」と力を込めた (c)朝日新聞社

    会見する北九州市の北橋健治市長。「第2波」との闘いについて「短期決戦で決着をつけたい」と力を込めた (c)朝日新聞社

AERA 2020年6月15日号より
会見する北九州市の北橋健治市長。「第2波」との闘いについて「短期決戦で決着をつけたい」と力を込めた (c)朝日新聞社

あわせて読みたい

  • PCR検査拡充の慎重論に「偽陽性1%に根拠なし」「感染の4割以上は無症状者から」 専門家が反論

    PCR検査拡充の慎重論に「偽陽性1%に根拠なし」「感染の4割以上は無症状者から」 専門家が反論

    AERA

    8/19

    救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「最も想定外だったこと」とは?

    救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「最も想定外だったこと」とは?

    dot.

    6/26

  • 1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    dot.

    5/19

    病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    AERA

    1/24

  • 「検査キットの普及と抗ウイルス薬の処方を早く」 1200人医師アンケート【西日本編】

    「検査キットの普及と抗ウイルス薬の処方を早く」 1200人医師アンケート【西日本編】

    週刊朝日

    5/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す