写真・図版 | 1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
濱田ももこdot.#ヘルス#病気#病院

京都府立医科大学病院 消化器内科 講師 吉田直久医師/京都府生まれ。1999年、京都府立医科大学卒業後に同大学第三内科に入局。2006年に京都府立医科大学大学院を修了後、市立奈良病院に勤務。12年、京都府立医科大学がんプロフェッショナル養成推進基盤プラン特任講師、14年、京都府立医科大学消化器内科講師、現在に至る(写真/楠本 涼)

京都府立医科大学病院 消化器内科 講師 吉田直久医師/京都府生まれ。1999年、京都府立医科大学卒業後に同大学第三内科に入局。2006年に京都府立医科大学大学院を修了後、市立奈良病院に勤務。12年、京都府立医科大学がんプロフェッショナル養成推進基盤プラン特任講師、14年、京都府立医科大学消化器内科講師、現在に至る(写真/楠本 涼)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい