写真・図版 | 糸井重里「自分が動かない代わりに誰かが動いている」コロナ禍で問われる感謝の想像力〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

糸井重里「自分が動かない代わりに誰かが動いている」コロナ禍で問われる感謝の想像力 

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰 糸井重里さん(71)/1948年生まれ。コピーライターとして一世を風靡し、作詞、文筆、ゲーム制作など多彩な分野で活躍。98年に毎日更新のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を立ち上げ、同サイトでの活動に全力を注ぐ (c)朝日新聞社

「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰 糸井重里さん(71)/1948年生まれ。コピーライターとして一世を風靡し、作詞、文筆、ゲーム制作など多彩な分野で活躍。98年に毎日更新のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を立ち上げ、同サイトでの活動に全力を注ぐ (c)朝日新聞社

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい