作り笑いでもOK、笑顔で免疫力アップ! 新型コロナの不安払しょく

  • 帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

    帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • ※写真はイメージです (GettyImages)

    ※写真はイメージです (GettyImages)

  • 関連記事

    • 作り笑いも免疫力を活性化させる コロナ禍を笑いと呼吸で乗り切る!

      作り笑いも免疫力を活性化させる コロナ禍を笑いと呼吸で乗り切る!

    • 「免疫力を上げる」は疑うべき? 現役医師が注意を促す宣伝文句

      「免疫力を上げる」は疑うべき? 現役医師が注意を促す宣伝文句

    • 免疫細胞が脳の維持や修復に 認知症における「最新免疫療法」とは

      免疫細胞が脳の維持や修復に 認知症における「最新免疫療法」とは

    写真の記事を読む
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある
※写真はイメージです (GettyImages)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 本庶佑さんノーベル賞受賞で注目の“オプジーボ”は何が画期的なのか?

    本庶佑さんノーベル賞受賞で注目の“オプジーボ”は何が画期的なのか?

    AERA

    10/5

    ジョギングよりも「ちんたら運動」 風邪に勝つ免疫力UPの習慣5つ

    ジョギングよりも「ちんたら運動」 風邪に勝つ免疫力UPの習慣5つ

    週刊朝日

    12/18

  • 日本発、薬使ったがんの「第4の治療法」は今年のノーベル賞候補

    日本発、薬使ったがんの「第4の治療法」は今年のノーベル賞候補

    AERA

    10/3

    がん治療に光明 「ウイルス療法」で免疫の力を味方に

    がん治療に光明 「ウイルス療法」で免疫の力を味方に

    週刊朝日

    8/25

  • 「免疫力」アップの食べ物は「キャベツ」 医師がすすめる理由とは?

    「免疫力」アップの食べ物は「キャベツ」 医師がすすめる理由とは?

    週刊朝日

    8/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す