写真・図版 | もしいま大地震が起きたら…避難所で「距離をとることはまず無理」自治体が危機感〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

もしいま大地震が起きたら…避難所で「距離をとることはまず無理」自治体が危機感 1/3

野村昌二AERA#新型コロナウイルス

富士山頂の火口付近。約300年前の「宝永噴火」と同規模の噴火が起きた場合、3時間後には東京や神奈川で電車が止まる。トラックが走れなくなれば、物流は滞る。降灰でぜんそくなどの病状が悪化することも考えられる (c)朝日新聞社

富士山頂の火口付近。約300年前の「宝永噴火」と同規模の噴火が起きた場合、3時間後には東京や神奈川で電車が止まる。トラックが走れなくなれば、物流は滞る。降灰でぜんそくなどの病状が悪化することも考えられる (c)朝日新聞社

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい