“トロ握り”誕生100年 発祥の店で聞いた意外な名付け親

  • 東京・日本橋の吉野鮨本店の中トロ(手前・1貫税別900円)、大トロ(奥・同1200円) (撮影/写真部・松永卓也)

    東京・日本橋の吉野鮨本店の中トロ(手前・1貫税別900円)、大トロ(奥・同1200円) (撮影/写真部・松永卓也)

  • 「仕事」をした握り。手前左から小肌、海老、煮烏賊、穴子。奥左から赤身漬け、中トロ、大トロ、玉子、煮蛤 (撮影/写真部・松永卓也)

    「仕事」をした握り。手前左から小肌、海老、煮烏賊、穴子。奥左から赤身漬け、中トロ、大トロ、玉子、煮蛤 (撮影/写真部・松永卓也)

  • 「トロの質にこだわりがないわけではないが、一番重要なのは値段とのバランスですよ」 (撮影/写真部・松永卓也)

    「トロの質にこだわりがないわけではないが、一番重要なのは値段とのバランスですよ」 (撮影/写真部・松永卓也)

  • 「うちは比較的手数をかけて箱を作るように握ります」 (撮影/写真部・松永卓也)

    「うちは比較的手数をかけて箱を作るように握ります」 (撮影/写真部・松永卓也)

  • 吉野さんは大学を出て他店で修業することなく、実家で働きだした。「よその味よりうちの味を覚えないと困る」と、先代が判断した (撮影/写真部・松永卓也)

    吉野さんは大学を出て他店で修業することなく、実家で働きだした。「よその味よりうちの味を覚えないと困る」と、先代が判断した (撮影/写真部・松永卓也)

東京・日本橋の吉野鮨本店の中トロ(手前・1貫税別900円)、大トロ(奥・同1200円) (撮影/写真部・松永卓也)
「仕事」をした握り。手前左から小肌、海老、煮烏賊、穴子。奥左から赤身漬け、中トロ、大トロ、玉子、煮蛤 (撮影/写真部・松永卓也)
「トロの質にこだわりがないわけではないが、一番重要なのは値段とのバランスですよ」 (撮影/写真部・松永卓也)
「うちは比較的手数をかけて箱を作るように握ります」 (撮影/写真部・松永卓也)
吉野さんは大学を出て他店で修業することなく、実家で働きだした。「よその味よりうちの味を覚えないと困る」と、先代が判断した (撮影/写真部・松永卓也)

あわせて読みたい

  • この目で見て味わいたい! 80歳Overの熟練職人ワザ

    この目で見て味わいたい! 80歳Overの熟練職人ワザ

    週刊朝日

    9/25

    娘の永島優美アナが初給料で…永島昭浩おすすめの焼肉店とは?

    娘の永島優美アナが初給料で…永島昭浩おすすめの焼肉店とは?

    週刊朝日

    1/14

  • 【昭和な名店】田中角栄の入院先にも出前 半蔵門の「天婦羅」店

    【昭和な名店】田中角栄の入院先にも出前 半蔵門の「天婦羅」店

    週刊朝日

    8/25

    蝶野正洋「肉のうまみが濃厚」絶品シュラスコの店とは?

    蝶野正洋「肉のうまみが濃厚」絶品シュラスコの店とは?

    週刊朝日

    6/5

  • 秋吉久美子のイチオシは「よだれ鶏」 “ゆかいな辛さ”の中華料理店

    秋吉久美子のイチオシは「よだれ鶏」 “ゆかいな辛さ”の中華料理店

    週刊朝日

    3/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す