写真・図版 | 「麒麟がくる」担当の歴史学者が「必見」と語る 明智光秀ゆかりの城とは〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「麒麟がくる」担当の歴史学者が「必見」と語る 明智光秀ゆかりの城とは 2/2

AERA

勝龍寺城址/勝龍寺城跡に建てられた細川忠興と光秀の娘・ガラシャの像。この城は、二人が祝言をあげ、さらに新婚時代を過ごした城でもあった(写真:筆者撮影)

勝龍寺城址/勝龍寺城跡に建てられた細川忠興と光秀の娘・ガラシャの像。この城は、二人が祝言をあげ、さらに新婚時代を過ごした城でもあった(写真:筆者撮影)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい