21世紀は“インスタ映え”建築 隈研吾が“求められる建築”を語る

  • 隈研吾(くま・けんご)/1954年生まれ。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、90年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。2009年から東京大学教授。これまで20カ国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、フィンランドから国際木の建築賞、イタリアから国際石の建築賞ほか、国内外でさまざまな賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。 (撮影/写真部・小山幸佑)

    隈研吾(くま・けんご)/1954年生まれ。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、90年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。2009年から東京大学教授。これまで20カ国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、フィンランドから国際木の建築賞、イタリアから国際石の建築賞ほか、国内外でさまざまな賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。 (撮影/写真部・小山幸佑)

  • 隈研吾さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

    隈研吾さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

  • 関連記事

    • 日本人は建築の才能あり? 安藤忠雄がその理由を語る

      日本人は建築の才能あり? 安藤忠雄がその理由を語る

    • 新国立競技場デザインの隈研吾が最後にきっちりデザインしたいものとは?

      新国立競技場デザインの隈研吾が最後にきっちりデザインしたいものとは?

    • “新国立競技場”の建築家・隈研吾「オリンピックと“復興”はパラレルな存在」

      “新国立競技場”の建築家・隈研吾「オリンピックと“復興”はパラレルな存在」

    写真の記事を読む
隈研吾(くま・けんご)/1954年生まれ。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、90年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。2009年から東京大学教授。これまで20カ国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、フィンランドから国際木の建築賞、イタリアから国際石の建築賞ほか、国内外でさまざまな賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。 (撮影/写真部・小山幸佑)
隈研吾さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 気鋭の建築家夫妻が批判されても続けた“意外なこと”

    気鋭の建築家夫妻が批判されても続けた“意外なこと”

    週刊朝日

    8/23

    建築家・隈研吾さんが語る震災対策 「シェアハウスを建て ご近所力を向上」

    建築家・隈研吾さんが語る震災対策 「シェアハウスを建て ご近所力を向上」

    AERA

    3/12

  • オリンピックを前に東京の景観が激変!? きっかけは「東京駅舎と丸の内再開発」

    オリンピックを前に東京の景観が激変!? きっかけは「東京駅舎と丸の内再開発」

    AERA

    1/20

    国立競技場の設計に携わった隈研吾が「東京の顔」として選んだ墨田区の意外な施設

    国立競技場の設計に携わった隈研吾が「東京の顔」として選んだ墨田区の意外な施設

    AERA

    1/20

  • 小林麻美、突然の引退からユーミンと約30年ぶりに再会 交友を絶っていた理由は?

    小林麻美、突然の引退からユーミンと約30年ぶりに再会 交友を絶っていた理由は?

    週刊朝日

    3/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す