写真・図版 | 21世紀は“インスタ映え”建築 隈研吾が“求められる建築”を語る〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

21世紀は“インスタ映え”建築 隈研吾が“求められる建築”を語る 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加

隈研吾(くま・けんご)/1954年生まれ。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、90年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。2009年から東京大学教授。これまで20カ国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、フィンランドから国際木の建築賞、イタリアから国際石の建築賞ほか、国内外でさまざまな賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。 (撮影/写真部・小山幸佑)

隈研吾(くま・けんご)/1954年生まれ。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、90年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。2009年から東京大学教授。これまで20カ国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、フィンランドから国際木の建築賞、イタリアから国際石の建築賞ほか、国内外でさまざまな賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。 (撮影/写真部・小山幸佑)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい