写真・図版 | 紅白で「糸」を歌った島津亜矢 中島みゆきさんとの“糸”をたぐり寄せたい 林真理子が聞く〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

紅白で「糸」を歌った島津亜矢 中島みゆきさんとの“糸”をたぐり寄せたい 林真理子が聞く 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加

島津亜矢(しまづ・あや)/1971年、熊本県生まれ。幼少期から各地の歌のコンテストに出場し、数々のグランプリを手にする。作曲家・高木東六氏に絶賛され、NHKのオーディションに最高得点で合格し、15歳で「袴をはいた渡り鳥」(詞:星野哲郎、曲:市川昭介)でデビュー。「NHK紅白歌合戦」には6回出場。カバーアルバム「SINGER6」発売中。3月にはシングル発売予定。新歌舞伎座新開場10周年記念「島津亜矢特別公演」(4月3~18日)チケット発売中。 (撮影/写真部・小山幸佑)

島津亜矢(しまづ・あや)/1971年、熊本県生まれ。幼少期から各地の歌のコンテストに出場し、数々のグランプリを手にする。作曲家・高木東六氏に絶賛され、NHKのオーディションに最高得点で合格し、15歳で「袴をはいた渡り鳥」(詞:星野哲郎、曲:市川昭介)でデビュー。「NHK紅白歌合戦」には6回出場。カバーアルバム「SINGER6」発売中。3月にはシングル発売予定。新歌舞伎座新開場10周年記念「島津亜矢特別公演」(4月3~18日)チケット発売中。 (撮影/写真部・小山幸佑)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい