写真・図版 | 難解な仏教の名著を現代語訳へ 『わたしは生きる』で村田和樹老師が伝えたいこと〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

難解な仏教の名著を現代語訳へ 『わたしは生きる』で村田和樹老師が伝えたいこと 

AERA#読書

村田和樹(むらた・わじゅ)/1950年、石川県金沢市生まれ。安泰寺では内山興正老師の下で修行。80年に龍昌寺を開山。85年ごろから仲間たちと農地「よろみ村」を開き、坐禅を中心とした山暮らしを営んでいる(撮影/工藤隆太郎)

村田和樹(むらた・わじゅ)/1950年、石川県金沢市生まれ。安泰寺では内山興正老師の下で修行。80年に龍昌寺を開山。85年ごろから仲間たちと農地「よろみ村」を開き、坐禅を中心とした山暮らしを営んでいる(撮影/工藤隆太郎)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい