「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題

  • 前川喜平(まえかわ・きへい 左)1955年、奈良県生まれ。79年、文部省(現・文部科学省)入省。文部大臣秘書官、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官などを経て2016年、文部科学事務次官。現在は、自主夜間中学のスタッフとして活動する傍ら、執筆などを行う。/桐野夏生(きりの・なつお)1951年、石川県生まれ。『顔に降りかかる雨』(江戸川乱歩賞)、『OUT』(日本推理作家協会賞)、『柔らかな頬』(直木賞)、『グロテスク』(泉鏡花文学賞)、『残虐記』(柴田錬三郎賞)など著書、受賞歴多数。2015年、紫綬褒章を受章。 (撮影/写真部・加藤夏子)

    前川喜平(まえかわ・きへい 左)1955年、奈良県生まれ。79年、文部省(現・文部科学省)入省。文部大臣秘書官、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官などを経て2016年、文部科学事務次官。現在は、自主夜間中学のスタッフとして活動する傍ら、執筆などを行う。/桐野夏生(きりの・なつお)1951年、石川県生まれ。『顔に降りかかる雨』(江戸川乱歩賞)、『OUT』(日本推理作家協会賞)、『柔らかな頬』(直木賞)、『グロテスク』(泉鏡花文学賞)、『残虐記』(柴田錬三郎賞)など著書、受賞歴多数。2015年、紫綬褒章を受章。 (撮影/写真部・加藤夏子)

  • 前川喜平さん(左)と桐野夏生さん (撮影/写真部・加藤夏子)

    前川喜平さん(左)と桐野夏生さん (撮影/写真部・加藤夏子)

前川喜平(まえかわ・きへい 左)1955年、奈良県生まれ。79年、文部省(現・文部科学省)入省。文部大臣秘書官、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官などを経て2016年、文部科学事務次官。現在は、自主夜間中学のスタッフとして活動する傍ら、執筆などを行う。/桐野夏生(きりの・なつお)1951年、石川県生まれ。『顔に降りかかる雨』(江戸川乱歩賞)、『OUT』(日本推理作家協会賞)、『柔らかな頬』(直木賞)、『グロテスク』(泉鏡花文学賞)、『残虐記』(柴田錬三郎賞)など著書、受賞歴多数。2015年、紫綬褒章を受章。 (撮影/写真部・加藤夏子)
前川喜平さん(左)と桐野夏生さん (撮影/写真部・加藤夏子)

あわせて読みたい

  • 「若者の荒廃」に危機感…社会が抱える問題とは? 桐野夏生×前川喜平

    「若者の荒廃」に危機感…社会が抱える問題とは? 桐野夏生×前川喜平

    週刊朝日

    1/11

    前文科事務次官・前川喜平さんが“夜間中学”で教える理由

    前文科事務次官・前川喜平さんが“夜間中学”で教える理由

    AERA

    10/27

  • 前川喜平が若者に助言「『目的意識』という強迫観念は捨てるべき」
    筆者の顔写真

    前川喜平

    前川喜平が若者に助言「『目的意識』という強迫観念は捨てるべき」

    週刊朝日

    9/6

    【悩み相談】出席日数不足が高校入試で響く…前川喜平が進路アドバイス
    筆者の顔写真

    前川喜平

    【悩み相談】出席日数不足が高校入試で響く…前川喜平が進路アドバイス

    週刊朝日

    4/11

  • 「矛盾する先生に従う気がしない」高校生の悩みに前川喜平の回答は?
    筆者の顔写真

    前川喜平

    「矛盾する先生に従う気がしない」高校生の悩みに前川喜平の回答は?

    週刊朝日

    9/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す