写真・図版 | 本来の役割は「高大接続」 なし崩しで見送りになった記述式問題の見直しには本質的議論を〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本来の役割は「高大接続」 なし崩しで見送りになった記述式問題の見直しには本質的議論を 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
大平誠AERA

文部科学省前で、「これ以上混乱させるな」と声をあげた高校2年の男子生徒(右)と、大学入学共通テストへの記述式の導入反対を訴えた教員や予備校講師たち。反対のうねりが見直しにつながった/19年12月6日、東京・霞が関 (c)朝日新聞社

文部科学省前で、「これ以上混乱させるな」と声をあげた高校2年の男子生徒(右)と、大学入学共通テストへの記述式の導入反対を訴えた教員や予備校講師たち。反対のうねりが見直しにつながった/19年12月6日、東京・霞が関 (c)朝日新聞社

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい