写真・図版 | 尾上菊之助「歌舞伎役者の心」を明かす 『国宝』吉田修一との対談で〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

尾上菊之助「歌舞伎役者の心」を明かす 『国宝』吉田修一との対談で 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
木元健二週刊朝日

(左から)尾上菊之助(おのえ・きくのすけ)1977年生まれ。現在は、TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主人公のライバルシェフとしてレギュラー出演するほか、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」(宮崎駿原作)が新橋演舞場で上演中/吉田修一(よしだ・しゅういち)1968年生まれ。2002年「パーク・ライフ」で芥川賞。『パレード』(山本周五郎賞)、『悪人』(大佛次郎賞、毎日出版文化賞)、『横道世之介』(柴田錬三郎賞)、近著に『逃亡小説集』(撮影/写真部・東川哲也)

(左から)尾上菊之助(おのえ・きくのすけ)1977年生まれ。現在は、TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主人公のライバルシェフとしてレギュラー出演するほか、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」(宮崎駿原作)が新橋演舞場で上演中
/吉田修一(よしだ・しゅういち)1968年生まれ。2002年「パーク・ライフ」で芥川賞。『パレード』(山本周五郎賞)、『悪人』(大佛次郎賞、毎日出版文化賞)、『横道世之介』(柴田錬三郎賞)、近著に『逃亡小説集』
(撮影/写真部・東川哲也)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい