写真・図版 | カマ焼きじゃなく「あご焼き」 島田洋七のおすすめ寿司店は?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カマ焼きじゃなく「あご焼き」 島田洋七のおすすめ寿司店は? 1/2

週刊朝日

鮪喜(つなき) まぐろあご焼き/上質な天然本マグロの刺し身をはじめとする鮮魚が、豊洲の鮪問屋直営ならではの良心的な価格で味わえる。骨ごと香ばしく焼いた「まぐろあご焼き」(880円)は、あごの周りについたコラーゲンたっぷりの身に思わず箸が伸びる。酢でさっぱりと、味噌でピリッと味の変化が楽しめ飽きさせない。ハマグリの殻で中落ちをこそげ落として食べる「鮪の骨付き中落ち」(1480円~)や刺し身を豪快に盛った「鮪喜盛り」(3880円)など、忘年会にもおすすめの品が揃う。税別 (撮影/写真部・小山幸佑)

鮪喜(つなき) まぐろあご焼き/上質な天然本マグロの刺し身をはじめとする鮮魚が、豊洲の鮪問屋直営ならではの良心的な価格で味わえる。骨ごと香ばしく焼いた「まぐろあご焼き」(880円)は、あごの周りについたコラーゲンたっぷりの身に思わず箸が伸びる。酢でさっぱりと、味噌でピリッと味の変化が楽しめ飽きさせない。ハマグリの殻で中落ちをこそげ落として食べる「鮪の骨付き中落ち」(1480円~)や刺し身を豪快に盛った「鮪喜盛り」(3880円)など、忘年会にもおすすめの品が揃う。税別 (撮影/写真部・小山幸佑)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい