写真・図版 | 師弟の絆で芸を受け継ぐ 神田松之丞が見た「理想の講談師」の美学〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

師弟の絆で芸を受け継ぐ 神田松之丞が見た「理想の講談師」の美学 

このエントリーをはてなブックマークに追加
守田梢路AERA

神田松鯉(かんだ・しょうり、右):1942年生まれ。70年に二代目神田山陽に入門。77年、真打昇進。92年、三代目神田松鯉を襲名。今年11月に人間国宝に認定/神田松之丞(かんだ・まつのじょう、左)/1983年生まれ。2007年、三代目神田松鯉に入門。12年、二ツ目昇進。20年2月に、真打昇進と同時に六代目神田伯山を襲名(撮影/植田真紗美)

神田松鯉(かんだ・しょうり、右):1942年生まれ。70年に二代目神田山陽に入門。77年、真打昇進。92年、三代目神田松鯉を襲名。今年11月に人間国宝に認定/神田松之丞(かんだ・まつのじょう、左)/1983年生まれ。2007年、三代目神田松鯉に入門。12年、二ツ目昇進。20年2月に、真打昇進と同時に六代目神田伯山を襲名(撮影/植田真紗美)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい