写真・図版 | 桜を見る会「なくなっても困らない」参加経験者ドン小西が本音〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桜を見る会「なくなっても困らない」参加経験者ドン小西が本音 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドン小西

桜を見る会/総理大臣主催の花見会として、1952年から東京・新宿御苑で開催されている。ドレスコードは「平服」。今年は招待客、出席者とも過去最多となり、約5500万円を支出。招待客選びの不透明さなどから、税金の私物化との批判が高まり、11月13日、来年度の開催の中止を決定=4月13日、新宿御苑で (c)朝日新聞社

桜を見る会/総理大臣主催の花見会として、1952年から東京・新宿御苑で開催されている。ドレスコードは「平服」。今年は招待客、出席者とも過去最多となり、約5500万円を支出。招待客選びの不透明さなどから、税金の私物化との批判が高まり、11月13日、来年度の開催の中止を決定=4月13日、新宿御苑で (c)朝日新聞社

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい