写真・図版 | <現代の肖像>真藤順丈 直木賞受賞作『宝島』が誕生するまでの苦悩と秘話〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<現代の肖像>真藤順丈 直木賞受賞作『宝島』が誕生するまでの苦悩と秘話 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井誠二AERA#現代の肖像

『宝島』の登場人物にはモデルがいる。ウンタマギルー(運玉義留)という古い沖縄民話に登場する義賊、沖縄のチャプリンといわれた喜劇人・小那覇舞天、映画「ベスト・キッド」のモデルとなった伝説の空手家・宮城嗣吉(しきち)などだ/東川哲也撮影

『宝島』の登場人物にはモデルがいる。ウンタマギルー(運玉義留)という古い沖縄民話に登場する義賊、沖縄のチャプリンといわれた喜劇人・小那覇舞天、映画「ベスト・キッド」のモデルとなった伝説の空手家・宮城嗣吉(しきち)などだ/東川哲也撮影

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい