写真・図版 | 大正期「首里城取り壊し」の危機を救った美術研究者 復元のカギを握る重要資料の中身〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大正期「首里城取り壊し」の危機を救った美術研究者 復元のカギを握る重要資料の中身 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪AERA

1991年5月、復元の整備を進めていた首里城跡。沖縄戦で破壊される前は国宝に指定されていた。80年代末から復元が行われ、総事業費は33年間で約240億円に上った(c)朝日新聞社

1991年5月、復元の整備を進めていた首里城跡。沖縄戦で破壊される前は国宝に指定されていた。80年代末から復元が行われ、総事業費は33年間で約240億円に上った(c)朝日新聞社

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい