由紀さおりが明かした離婚した元夫への想い「私は幼かったのよ」

  • 由紀さおり(ゆき・さおり)/群馬県生まれ。幼少期からひばり児童合唱団に所属。童謡歌手として活躍。1969年、「夜明けのスキャット」でデビュー、国民的ヒット歌手となる。以来、歌、女優、司会、バラエティーと大活躍。2011年、米ジャズオーケストラ「Pink Martini」とのコラボアルバム「1969」をリリースし、世界的ヒットに。今年、デビュー50年を記念し、アルバム「PASSING POINT」「BEGINNING」(ユニバーサル ミュージック)を発表。全国で記念コンサートを公演中。近著に『明日へのスキャット』(集英社)。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

    由紀さおり(ゆき・さおり)/群馬県生まれ。幼少期からひばり児童合唱団に所属。童謡歌手として活躍。1969年、「夜明けのスキャット」でデビュー、国民的ヒット歌手となる。以来、歌、女優、司会、バラエティーと大活躍。2011年、米ジャズオーケストラ「Pink Martini」とのコラボアルバム「1969」をリリースし、世界的ヒットに。今年、デビュー50年を記念し、アルバム「PASSING POINT」「BEGINNING」(ユニバーサル ミュージック)を発表。全国で記念コンサートを公演中。近著に『明日へのスキャット』(集英社)。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

  • 由紀さおりさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

    由紀さおりさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

  • 関連記事

    • 「大会の出すぎで出場拒否され…」島津亜矢の“天才少女”エピソード

      「大会の出すぎで出場拒否され…」島津亜矢の“天才少女”エピソード

    • 橋田壽賀子、友達は「ほんとに欲しくない」 断言するワケ

      橋田壽賀子、友達は「ほんとに欲しくない」 断言するワケ

    • AB型ばかりの現場だった!? 広瀬すずが「ちはやふる」続編を希望!

      AB型ばかりの現場だった!? 広瀬すずが「ちはやふる」続編を希望!

    写真の記事を読む
由紀さおり(ゆき・さおり)/群馬県生まれ。幼少期からひばり児童合唱団に所属。童謡歌手として活躍。1969年、「夜明けのスキャット」でデビュー、国民的ヒット歌手となる。以来、歌、女優、司会、バラエティーと大活躍。2011年、米ジャズオーケストラ「Pink Martini」とのコラボアルバム「1969」をリリースし、世界的ヒットに。今年、デビュー50年を記念し、アルバム「PASSING POINT」「BEGINNING」(ユニバーサル ミュージック)を発表。全国で記念コンサートを公演中。近著に『明日へのスキャット』(集英社)。 (撮影/写真部・片山菜緒子)
由紀さおりさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 【後編】『王妃マルゴ』を企画したきっかけとは…萩尾望都が明かす

    【後編】『王妃マルゴ』を企画したきっかけとは…萩尾望都が明かす

    週刊朝日

    7/22

    小林麻美、突然の引退からユーミンと約30年ぶりに再会 交友を絶っていた理由は?

    小林麻美、突然の引退からユーミンと約30年ぶりに再会 交友を絶っていた理由は?

    週刊朝日

    3/29

  • 石川さゆりが明かす「天城越え」秘話 28歳の時に「歌えません」と断っていた

    石川さゆりが明かす「天城越え」秘話 28歳の時に「歌えません」と断っていた

    週刊朝日

    3/22

    「八代亜紀になってから貧乏に(笑)」デビュー45年目で本人語る

    「八代亜紀になってから貧乏に(笑)」デビュー45年目で本人語る

    週刊朝日

    11/21

  • 美輪明宏「悪口を言う人間は…」 紅白歌唱でネット批判「キモい」に持論

    美輪明宏「悪口を言う人間は…」 紅白歌唱でネット批判「キモい」に持論

    週刊朝日

    2/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す