写真・図版 | 大学院生の研究費は「年間1千万円」 山中伸弥所長が研究の現実語る〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

大学院生の研究費は「年間1千万円」 山中伸弥所長が研究の現実語る 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥さん(57、右):1962年、大阪府生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)。米国グラッドストーン研究所上席研究員。2012年、ノーベル医学生理学賞受賞/早稲田大学総長 田中愛治さん(67):1951年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、米オハイオ州立大学大学院修了、政治学博士(Ph.D.)。世界政治学会(IPSA)元会長。2018年から早稲田大学第17代総長。専門は投票行動論・計量政治学(撮影/写真部・東川哲也)

京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥さん(57、右):1962年、大阪府生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)。米国グラッドストーン研究所上席研究員。2012年、ノーベル医学生理学賞受賞/早稲田大学総長 田中愛治さん(67):1951年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、米オハイオ州立大学大学院修了、政治学博士(Ph.D.)。世界政治学会(IPSA)元会長。2018年から早稲田大学第17代総長。専門は投票行動論・計量政治学(撮影/写真部・東川哲也)

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい