天龍源一郎、“元気な老い方”を語る「取捨選択して残ったものが心の拠り所になる」

  • 天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

    天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

  • 「次にお酒を豪勢に飲むのは、年末ジャンボ宝くじが当たったときかな。そこはバーッとお金を使わないと、国に失礼だからね(笑)」(撮影/写真部・片山菜緒子)

    「次にお酒を豪勢に飲むのは、年末ジャンボ宝くじが当たったときかな。そこはバーッとお金を使わないと、国に失礼だからね(笑)」(撮影/写真部・片山菜緒子)

  • 関連記事

    • 天龍源一郎告白「眼球が揺れてろれつが回らない」脳梗塞の自覚はなかった

      天龍源一郎告白「眼球が揺れてろれつが回らない」脳梗塞の自覚はなかった

    • 脳梗塞告白の天龍「オレは一生薬を飲み続ける。身体はいつかほころびがくる」

      脳梗塞告白の天龍「オレは一生薬を飲み続ける。身体はいつかほころびがくる」

    • 天龍源一郎「2年前に引退してから、何もすることがない」

      天龍源一郎「2年前に引退してから、何もすることがない」

    写真の記事を読む
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)
「次にお酒を豪勢に飲むのは、年末ジャンボ宝くじが当たったときかな。そこはバーッとお金を使わないと、国に失礼だからね(笑)」(撮影/写真部・片山菜緒子)
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す