写真・図版 | 年に一度公開される正倉院の秘宝 受け継がれてきた世界文化遺産〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年に一度公開される正倉院の秘宝 受け継がれてきた世界文化遺産 

このエントリーをはてなブックマークに追加
鮎川哲也週刊朝日

平螺鈿背八角鏡
へいらでんはいのはっかくきょう
唐時代・8世紀 正倉院宝物
背面に装飾を施した宝飾鏡の代表作。銅で作られ、花のような膨らみがある。琥珀(こはく)と螺鈿(らでん)を組み合わせて、宝相華(ほうそうげ)と呼ばれる、天上の世界に咲く空想の花を優雅に描き出している 【後期展示11月6~24日】(写真提供:特別展「正倉院の世界」)

平螺鈿背八角鏡
へいらでんはいのはっかくきょう
唐時代・8世紀 正倉院宝物
背面に装飾を施した宝飾鏡の代表作。銅で作られ、花のような膨らみがある。琥珀(こはく)と螺鈿(らでん)を組み合わせて、宝相華(ほうそうげ)と呼ばれる、天上の世界に咲く空想の花を優雅に描き出している 【後期展示11月6~24日】(写真提供:特別展「正倉院の世界」)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい