写真・図版 | 三浦春馬が“平凡なサラリーマン役”で常識破りの役作り 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三浦春馬が“平凡なサラリーマン役”で常識破りの役作り  1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

三浦春馬(みうら・はるま)/1990年、茨城県生まれ。97年にNHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。2008年、映画「恋空」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以来、さまざまなドラマ、映画などで活躍。16年に初上演したミュージカル「キンキーブーツ」で第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞。今年は舞台「罪と罰」「キンキーブーツ」で主演を演じた。主演映画「アイネクライネナハトムジーク」が9月20日から全国映画館で公開される。 (撮影/写真部・東川哲也)

三浦春馬(みうら・はるま)/1990年、茨城県生まれ。97年にNHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。2008年、映画「恋空」で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以来、さまざまなドラマ、映画などで活躍。16年に初上演したミュージカル「キンキーブーツ」で第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞。今年は舞台「罪と罰」「キンキーブーツ」で主演を演じた。主演映画「アイネクライネナハトムジーク」が9月20日から全国映画館で公開される。 (撮影/写真部・東川哲也)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい