写真・図版 | MGC決戦目前! 大迫は日本マラソン界の救世主となれるか〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

MGC決戦目前! 大迫は日本マラソン界の救世主となれるか 

このエントリーをはてなブックマークに追加
堀川貴弘dot.#2020東京五輪#五輪

国内初マラソンだった第71 回福岡国際マラソン(2017年)では、2時間7分19秒で3位に食い込んだ。大迫の前を走っているのは、優勝したソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー) (c)朝日新聞社

国内初マラソンだった第71 回福岡国際マラソン(2017年)では、2時間7分19秒で3位に食い込んだ。大迫の前を走っているのは、優勝したソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー) (c)朝日新聞社

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい