「兄が発達障害。自分も遺伝しているかもしれない」という相談に精神科医の答えは?

千葉大学病院・精神神経科特任助教の大石賢吾医師が、認知症、発達障害に関するあなたの悩みにおこたえします! あらゆる人間関係、組織のなかで、相談者や家族の身に起きている事態をお聞かせください。採用されたご相談は本連載で紹介します。
※写真はイメージです(写真/Getty Images)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 「カサンドラ症候群」とは? 夫の“発達障害”に悩む妻が増加中

    「カサンドラ症候群」とは? 夫の“発達障害”に悩む妻が増加中

    週刊朝日

    8/26

    もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    BOOKSTAND

    3/30

  • 大人になってから問題化する「ADHD」は軽症なの? 精神科医が考える早期介入の重要性
    筆者の顔写真

    大石賢吾

    大人になってから問題化する「ADHD」は軽症なの? 精神科医が考える早期介入の重要性

    dot.

    12/5

    休校中にもし子どもが発達障害だとわかったら? まずは知っておきたい3つのタイプ

    休校中にもし子どもが発達障害だとわかったら? まずは知っておきたい3つのタイプ

    AERA

    4/24

  • スマホ依存と発達障害の関連性を考える

    スマホ依存と発達障害の関連性を考える

    dot.

    1/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す