写真・図版 | 亡き母に「子孝行」してもらった…小説家・逢坂剛の家族の絆〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

亡き母に「子孝行」してもらった…小説家・逢坂剛の家族の絆 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

逢坂 剛(おうさか・ごう)/1943年、東京都生まれ。開成中高を経て中央大学法学部へ。66年、博報堂に就職。80年にオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。87年に『カディスの赤い星』で直木賞を受け、97年に専業作家に。ドラマや映画化された「百舌」シリーズや「イベリア」シリーズ、「禿鷹」シリーズのほか、時代小説も数多い (撮影/写真部・東川哲也)

逢坂 剛(おうさか・ごう)/1943年、東京都生まれ。開成中高を経て中央大学法学部へ。66年、博報堂に就職。80年にオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。87年に『カディスの赤い星』で直木賞を受け、97年に専業作家に。ドラマや映画化された「百舌」シリーズや「イベリア」シリーズ、「禿鷹」シリーズのほか、時代小説も数多い (撮影/写真部・東川哲也)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい