写真・図版 | 本音を言えない医療現場――口をふさがれているのは患者か、医者か?【幡野広志×大塚篤司】〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本音を言えない医療現場――口をふさがれているのは患者か、医者か?【幡野広志×大塚篤司】 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
白石 圭dot.#がん#ヘルス#病気#病院

(左)幡野広志(はたの・ひろし)写真家。2017年に多発性骨髄腫を発病し、余命宣告を受ける。(右)大塚篤司(おおつか・あつし)京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医(撮影/横関一浩)

(左)幡野広志(はたの・ひろし)写真家。2017年に多発性骨髄腫を発病し、余命宣告を受ける。(右)大塚篤司(おおつか・あつし)京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医(撮影/横関一浩)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい