写真・図版 | 昭和天皇は戦争を後悔していた? 初代宮内庁長官の記録でみる当時の生々しい会話〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

昭和天皇は戦争を後悔していた? 初代宮内庁長官の記録でみる当時の生々しい会話 1/2

北野隆一AERA

田島道治の「拝謁記」から。サンフランシスコ講和条約発効による独立回復を祝う1952年5月の式典で読み上げるおことばについて、昭和天皇が同年1月、戦争の反省に触れ「反省といふ字をどうしても入れねばと思ふ」と語ったと記されている (c)朝日新聞社

田島道治の「拝謁記」から。サンフランシスコ講和条約発効による独立回復を祝う1952年5月の式典で読み上げるおことばについて、昭和天皇が同年1月、戦争の反省に触れ「反省といふ字をどうしても入れねばと思ふ」と語ったと記されている (c)朝日新聞社

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい