広瀬隆「二酸化炭素温暖化説の嘘が警告する地球の危機」

『テレビ報道の深刻な事態』【第8回】

  • 広瀬隆(ひろせ・たかし)/1943年、東京生まれ。作家。早稲田大学理工学部卒。大手メーカーの技術者を経て執筆活動に入る。『東京に原発を!』『危険な話』『原子炉時限爆弾』『FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン』『第二のフクシマ、日本滅亡』などで一貫して原子力発電の危険性を訴え続けている。『赤い楯―ロスチャイルドの謎』『二酸化炭素温暖化説の崩壊』『文明開化は長崎から』『カストロとゲバラ』など多分野にわたる著書多数。

    広瀬隆(ひろせ・たかし)/1943年、東京生まれ。作家。早稲田大学理工学部卒。大手メーカーの技術者を経て執筆活動に入る。『東京に原発を!』『危険な話』『原子炉時限爆弾』『FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン』『第二のフクシマ、日本滅亡』などで一貫して原子力発電の危険性を訴え続けている。『赤い楯―ロスチャイルドの謎』『二酸化炭素温暖化説の崩壊』『文明開化は長崎から』『カストロとゲバラ』など多分野にわたる著書多数。

  • 関連記事

    • 広瀬隆「なぜ人類は二酸化炭素を悪者扱いするようになったか?」

      広瀬隆「なぜ人類は二酸化炭素を悪者扱いするようになったか?」

    • 広瀬隆「原発ゼロを実現するクリーンな石炭火力発電」

      広瀬隆「原発ゼロを実現するクリーンな石炭火力発電」

    • 脱炭素社会の実現は経済効果や雇用も生み出す 地球温暖化は「危機」だが「機会」にもなる

      脱炭素社会の実現は経済効果や雇用も生み出す 地球温暖化は「危機」だが「機会」にもなる

    写真の記事を読む
広瀬隆(ひろせ・たかし)/1943年、東京生まれ。作家。早稲田大学理工学部卒。大手メーカーの技術者を経て執筆活動に入る。『東京に原発を!』『危険な話』『原子炉時限爆弾』『FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン』『第二のフクシマ、日本滅亡』などで一貫して原子力発電の危険性を訴え続けている。『赤い楯―ロスチャイルドの謎』『二酸化炭素温暖化説の崩壊』『文明開化は長崎から』『カストロとゲバラ』など多分野にわたる著書多数。
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 地球はもう温暖化していない

    地球はもう温暖化していない

    週刊朝日

    11/19

    地球温暖化は本当にCO2のせい? 日本と海外で認識にズレ

    地球温暖化は本当にCO2のせい? 日本と海外で認識にズレ

    AERA

    9/28

  • 1997年で温暖化はストップ? 実は地球の平均気温は下がっている

    1997年で温暖化はストップ? 実は地球の平均気温は下がっている

    週刊朝日

    10/5

    「人口を減らそう」という主張はなぜメジャーにならないのか?

    「人口を減らそう」という主張はなぜメジャーにならないのか?

    週刊朝日

    2/4

  • CO2に恋する天才・村木風海「5年以内に二酸化炭素で肉を作りたい」

    CO2に恋する天才・村木風海「5年以内に二酸化炭素で肉を作りたい」

    週刊朝日

    1/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す