写真・図版 | 自殺を考えるも…黒沢年雄を支えた「母の最後の言葉」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自殺を考えるも…黒沢年雄を支えた「母の最後の言葉」 1/2

週刊朝日

黒沢年雄(くろさわ・としお)/1944年、横浜市生まれ。高校を中退し、キャバレーのバンドマン、工場作業員、訪問販売のセールスマンなどを経て、64年に東宝のオーディションに合格。66年「ひき逃げ」(成瀬巳喜男監督)で主演。78年レコード「時には娼婦のように」が大ヒット。映画、ドラマ、バラエティーなどで活躍を続けている (撮影/写真部・加藤夏子)

黒沢年雄(くろさわ・としお)/1944年、横浜市生まれ。高校を中退し、キャバレーのバンドマン、工場作業員、訪問販売のセールスマンなどを経て、64年に東宝のオーディションに合格。66年「ひき逃げ」(成瀬巳喜男監督)で主演。78年レコード「時には娼婦のように」が大ヒット。映画、ドラマ、バラエティーなどで活躍を続けている (撮影/写真部・加藤夏子)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい